FC2ブログ
121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

花と音楽と・・・

わたしの人生で、いつもそばに在ったもの・・・。

花と音楽です。

物心ついたころから、家の周りには、祖母が作った花や植物があり、
季節ごとにその美しい姿をみせてくれていました。

そのころ、両親はわたしにピアノと歌を習わせてくれていました。
毎週やってくる、厳しいおじさんがいました。  正直、きつかった思い出しかないです。

だけどですね、ある日のことです。
 
父親が急逝しました。もう40年ほど前になりますが・・・
わたし小学生、妹は幼稚園に通っていました。

あまりにも突然で、現実を受け入れることができませんでした。
どこにももって行きようのない感情を、母は仕事、わたしはひたすらピアノに
ぶつけることしかできなかったのです。

その日から、家族3人、それぞれの毎日を生きることになりました。
  
そしてピアノは、いつもわたしの気持ちを代弁してくれていました。
だからですね、人に言葉で気持ちを伝えることが苦手でした。

その後、父が遺した言葉・・・
「芸は身をたすける」。 泥棒に入られても、火事にあっても・・・。
身につけた技術は奪われることはない。

その言葉を信じて、頑張って音楽を勉強してきました。
結局のところ、ピアノや歌を近所の子供たちに教えても、食べていけるほどにはならなくて・・・。

音楽畑で学歴のないわたしは、肉体労働と呼ばれる業種へと徐々に移っていきました。
でも、どれだけ違う業界にいても、ピアノは相変わらずわたしの隣にいました。

またある日のこと、5年前になります。    わたし、業務中に交通事故にあいました。
赤信号を見落とした後期高齢者のドライバーから、運転席側に突っ込まれました。
すぐに救急車で運ばれましたが、いろんな後遺症を抱えることになり、1ヶ月に及ぶ入院期間を経て自宅に戻りました。

事故にあう前とかわったこと。
両方の握力を失いました。 力を入れたつもりでも、入ってなくて。
ものをつかめない、つかめても一瞬だけ。

買い物や調理、できないことがたくさんできました。雑草も抜くことができません。
ピアノもです。触れた鍵盤にちからが入らない。触れたつもりが、音が出せない。
当時のこと、忘れません。いまだに治療は続けていますが、治る気配はありません。


だからです。音楽ができる人に、めいっぱい音を楽しんでもらって。
花を一緒に、愛でてくれる人と過ごしたい・・・。
そんないろんな想いが重なって、ステージと花がある、そんなカフェ&バーを作ることにしました。

去年1年、いろんな場所を駈け巡って場所を探しました。 だけどまったく条件がかみ合わずに来ました。

そこでですね、ちよっと考え方を変えたんです。     そしたらあっという間に見つかったんです。
わたし、いつまであるのかわからない人生を、大好きな花と音楽・・・に囲まれて過ごすことにしました。

ただいま準備中ですが。。。本日も、ご来店いただきまして、ありがとうございます。
【 2019/01/05 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

ある日のこと。。。

823.jpg


バラが好きで、育てていたんです。 うちの庭で7品種ほど・・・。

うちは、集合住宅の1階で、猫のひたいほどの庭つきなんです。

毎日、花や葉のコンディションをみながら、水や肥料をあげて。


ある日のことです。
朝、いつもの水をあげる時間。
窓を開けたら・・・風景が変わっていたのです。

お花とその茎が、ばっさりと切り取られていました。根元のほうから・・・。

その風景をみたとたん、とてもとても悲しくなりました。
なんだか、自分を切り取られたみたいで。。。

集合住宅なので、どこからでも敷地内に入ることができるつくりになっています。

秋の、一番美しい姿で出荷しようとしていた矢先だったのです。
早速、警察の方に来ていただき、事情聴取や鑑識作業・・・。
つらかったです。。。その日からしばらくの間。

防犯カメラをつけるように・・・なんて警察官にいわれて。
そして、住宅の管理会社にも報告しました。
「また被害があれば、警察に届けてください」なんて、一喝されたんです。

2度と同じことがおきないようにと、願うばかりです。

今、傷つけられたバラたちは、何とか生きてくれて

新しいつぼみをつけてくれています。
ありがとうっていいました。うれしくて、うれしくて。

本日も、ご来店いただきまして、ありがとうございます。わたしと、花との話はまだまだ
続きます。。。
そしてそろそろ、音楽のことも書かせていただくつもりです。
【 2019/01/04 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

花やです。。。

花やをやろうと思ったわけ。

誰しも、大切・・・だと感じてやまない存在ってあると思います。   そこでです!
「この人って、本当に・・・?!」 って、 なぜか そんな瞬間が訪れて。

そんな時です。 花を贈るタイミングを与えられて。

いつの間にか、その自分にとっての大切が・・・。 変わっていきました。
よくもわるくもです。 この、いただいているご縁が、自分にとってどんなものなのか・・・
そのあと、明確になるようなできごとがありました。    

いろんな、色んなできごとが起こる日常で、わたしは花から、ご縁をつむいでもらいました。


  いつもではないけれど、何かがあったときに、そっと背中を押してくれた。


そんなこんながありまして・・・。 だれかにとって、そんな花のような存在になれたらと。。。


本日も、ご来店いただきまして、ありがとうございます。






【 2019/01/03 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

花やです。。。

新年明けましておめでとうございます。


お花が持ってきてくれたご縁ですが・・・。 その職人さん、友人の夫なんです。
その当時、お客としてアレンジや花束を作ってもらっていました。

世の中、すてきなお花やさんがたくさんあって、どこのお店に頼もうか?・・・って。
いつも目移りしていました。

ある時、大切な友人にとても失礼なことを言ってしまったんです・・・。
知らなかったこととはいえ。。。無いだろそれ?って
その言葉、どうやったら無かったことになるのか?! なんて・・・。
もう、後悔して後悔して後悔して・・・。仕方なかったのです。

そんな時でした。
「あの人(職人さん)にお願いしよう」って。。。ひらめいて。

職人さんは、お花を受け取る人がどんな人なのか?  私にとって
どんな存在なのか?  なかば、相談にのるかのようにお花の仕上がりを
聞いてくださったのです。(今となっては、それが彼なりの注文の取り方なのです)

もちろんですが、お花は届けられました。

その後、あの日の出来事がまるでなかったかのように・・・。わたしたちの関係は
続いています。

お花がご縁をつむいでくれて、あれから8年が経った今・・・。私がやらかしてしまった
その大切な友人は、母のケアマネージャーになってくれました。

そんないろんな出来事が積み重なり、その職人さんと業務提携という形をとることになりました。

花やの誕生でございます。

贈るひと、受け取るひとを癒すことをコンセプトとして・・・

本日も、ご来店いただきありがとうございます。




【 2019/01/02 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

花やです。。。

花やをはじめました。

今はまだ、お店はありません。 というか、準備中です。
お花は、生まれたときから大好きでした。

しかし、花の育てかたの勉強とか、活け方のスキルとか・・・。
ほんとに、私は持ち合わせていないんです。

でもですね、ある時、もう7年も前になります。


私の友人が縁で、ある職人さんと出会ったのです。

はい。そこから始まりました。 不思議なご縁をお花が
持ってきてくれました。
【 2018/12/27 】 未分類 | TB(-) | CM(0)