FC2ブログ
121234567891011121314151617181920212223242526272829303102
月別アーカイブ  【 2019年01月 】 

花と音楽と・・・

わたしの人生で、いつもそばに在ったもの・・・。

花と音楽です。

物心ついたころから、家の周りには、祖母が作った花や植物があり、
季節ごとにその美しい姿をみせてくれていました。

そのころ、両親はわたしにピアノと歌を習わせてくれていました。
毎週やってくる、厳しいおじさんがいました。  正直、きつかった思い出しかないです。

だけどですね、ある日のことです。
 
父親が急逝しました。もう40年ほど前になりますが・・・
わたし小学生、妹は幼稚園に通っていました。

あまりにも突然で、現実を受け入れることができませんでした。
どこにももって行きようのない感情を、母は仕事、わたしはひたすらピアノに
ぶつけることしかできなかったのです。

その日から、家族3人、それぞれの毎日を生きることになりました。
  
そしてピアノは、いつもわたしの気持ちを代弁してくれていました。
だからですね、人に言葉で気持ちを伝えることが苦手でした。

その後、父が遺した言葉・・・
「芸は身をたすける」。 泥棒に入られても、火事にあっても・・・。
身につけた技術は奪われることはない。

その言葉を信じて、頑張って音楽を勉強してきました。
結局のところ、ピアノや歌を近所の子供たちに教えても、食べていけるほどにはならなくて・・・。

音楽畑で学歴のないわたしは、肉体労働と呼ばれる業種へと徐々に移っていきました。
でも、どれだけ違う業界にいても、ピアノは相変わらずわたしの隣にいました。

またある日のこと、5年前になります。    わたし、業務中に交通事故にあいました。
赤信号を見落とした後期高齢者のドライバーから、運転席側に突っ込まれました。
すぐに救急車で運ばれましたが、いろんな後遺症を抱えることになり、1ヶ月に及ぶ入院期間を経て自宅に戻りました。

事故にあう前とかわったこと。
両方の握力を失いました。 力を入れたつもりでも、入ってなくて。
ものをつかめない、つかめても一瞬だけ。

買い物や調理、できないことがたくさんできました。雑草も抜くことができません。
ピアノもです。触れた鍵盤にちからが入らない。触れたつもりが、音が出せない。
当時のこと、忘れません。いまだに治療は続けていますが、治る気配はありません。


だからです。音楽ができる人に、めいっぱい音を楽しんでもらって。
花を一緒に、愛でてくれる人と過ごしたい・・・。
そんないろんな想いが重なって、ステージと花がある、そんなカフェ&バーを作ることにしました。

去年1年、いろんな場所を駈け巡って場所を探しました。 だけどまったく条件がかみ合わずに来ました。

そこでですね、ちよっと考え方を変えたんです。     そしたらあっという間に見つかったんです。
わたし、いつまであるのかわからない人生を、大好きな花と音楽・・・に囲まれて過ごすことにしました。

ただいま準備中ですが。。。本日も、ご来店いただきまして、ありがとうございます。
スポンサーサイト
【 2019/01/05 】 未分類 | TB(-) | CM(0)