FC2ブログ
121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

強力なわたしのサポーター。。。

もう40年も前になりますが・・・。

父は46歳で突然亡くなりました。。。今でいう、スキルス性の
胃がんでした。

その事実を、私は成人式を迎えたころに、母から聞かされました。

うちの家系は、代々商売をやってきたわけですが・・・
先祖代々、家業に命をささげたということ。。。そのころのわたし、
どういうこと?!って、ぜんぜんその状況を理解することが・・・

もう(*゚Q゚*)、ほんとにもう、むつかしかったのでしょうね~できなかったのです。

母から聞いた話です。

父は、母と結婚する前に、27歳で洗濯屋さん(今で言うクリーニング業)を
立ち上げました。

洗濯板1枚と、ドリフターズのコントで出てくる、天井から落ちて頭に直撃する金物のたらい1つで。。。

その後、1軒1けん、洗濯が面倒なおうちを開拓して、父の会社は10年後に、
洗濯の工場を持ち、支店を構えるまでになりました。。。

そこらへんの時期に、母と見合いで結婚して、わたしが生まれています。

わたしの記憶・・・。
父は、朝から暗くなるまで洗濯していた・・・
朝、幼稚園に送っもらうのが日課でした。会社の軽トラで。。。

今考えると、分不相応な幼稚園に行かせてもらっていたんです。
幼稚園には、今ほど送迎バスなんてなく、
まわりの園児は、カブトムシの型をした車(○にWのマークがついた)
見たこともない、Bが書いてある大きな車で通園してました。

毎朝園には1番のりで、7時半には到着していました。
迎えも父が外回りの帰りに拾ってくれて・・・。

いつも仕事をしていた父でした。。。
朝、夕と、食事のときには必ず新聞を見ながら?!
父の顔なんて、新聞でかくれていましたよ。。。
箸で新聞をめくって、ちゃんとした会話なんてなかったです。

足を骨折しても、高熱が出てても、洗濯をすることを休むことなく
いつも、いつも、洗濯している。。。そんな父でした。

ほんと、「背中をみて・・・」って、こういうことを言うんだと。。。

亡くなる前、病院に引きずるように連れて行かれた父・・・。

母には、余命が6ヶ月と知らされていましたが、
それでも、仕事のことしか考えていなかったそうです。(告知はなしでした)

ちょうど言われていたとおり、6ヶ月後に息を引き取りました。

父が遺してくれた言葉。
「芸は身を助ける」。。。
ずっと、ずっとわたしのなかで生きています。その背中と一緒に。

このたび、すんごい場所を見つけて、そこで店をやろうとしているわたしです。

天井がほげていても、雨もりしなければ。。。
コーヒーカップとグラス、お花があれば?!

できる?!って思えるんです。

洗濯板と金だらいではじまった父の会社。。。
父・・・亡くなっていますが、強力なわたしのサポーターのひとりでございます。
そして、息を引き取る前に、母に言った忘れられないひとこと。。。

「まだ・・・まだ、やりたいことがあったのに・・・」

だからですね・・・わたし。
どんな事実を目の当たりにしても、
「あきらめる理由」には、該当しないのです!

いつも、本日も、こんな店主の店にご来店いただきまして、
ありがとうございます。
スポンサーサイト
【 2019/01/15 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

あの日のこと・・・

あの日のこと。。。

鍵やさんを呼んで、開けていただいて・・・。

こんなでした。はがれてる・・・
ロフト?!
トタンとベニヤの壁
サッシの曲がった入り口
 
まわりから、むちゃくちゃ心配されてます(;_;)

「すんごいね~」って。。。  ほんと・・大丈夫?!かよ、花音さん。


そこで、うちのリケジョがひとこと。。。

「おとしよりでも、開けやすいドアにしてね」・・・。


「もちろんです!!!」。。。
なんだか、そのひとことをいただいてからというもの・・・

がぜん(((o(*゚▽゚*)o))) やる気がわいてきました\(^o^)/

わたしを支えてくださっている存在。。。
もちろん、こんな社長のブログにお付き合いいただいてます方々・・・

ひとりではないこと・・・を、実感しています。。。
ありがとうございます!!!

そこで次回から、こんなわたしを支えてくださっている方々を
紹介させていただきたいと思います。。。

いつも、ほんといつも・・・ご来店いただきまして、
ありがとうございます!!!
【 2019/01/14 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

ちょっといっぷく。。。

年間行事って?!
皆さん、どれだけ重視?!されていますでしょうか?
お正月とお盆?ハロウイン?クリスマス?

最近、お正月過ぎて、七草粥、鏡開き・・・というものがあり・・・明日は?
あっ! 成人式・・・。

自分に関係がなければ、まったく興味も関心も意味もないところ。。。


そこで、うちの母親なんです。
膝や腰に痛みを抱えているので、物を持って歩けないんです。
買い物は、何でも1つ。りんごでも1個を買ってリュックに入れて。。。

その母が、鏡開きにやったこと。。。
もちろん、ぜんざいのもとの小豆なんて買いに行けないし、家にもない。。。

探した?!んでしょうね。家中を・・・

なんと、なんと、なんと・・・。

甘納豆のうぐいす豆で、ぜんざいを作っていました。


もう、おどろきでして。。。
見たとき、重たい豆は沈んで見えず、緑茶に餅を浮かべているのかと思いました。

生まれて初めていただきました。うぐいす豆のぜんざいなんて。。。
美味しいというひとことでは、語りつくせないほどの感動をおぼえました。

美味しかった~.゚+.(・∀・)゚+.

母にとって台所は、実験室のようなもの。
実験成功?!さすが、昔のリケジョ?!

わたしも、なぜだかいただくものに対して失礼のないように?!
「これにあう飲み物は?」なんて考えて。

緑茶にコーヒー、紅茶、ワインに日本酒・・・。
特殊なぜんざいのとなりにならべていただきました。

わたしの口の評価です。
コーヒーは、モカブレンドのアメリカンで。
日本酒は辛口で、ぜんざいと同じくらいの温度のぬる燗。。。

もう、この一連の作業のいっぷくで。。。
一週間の疲れが吹っ飛びました!!!


そしてこの先、わたしの歩む道が。。。
拓けているような感動をいただきました。

さすが・・・わが母。。。
「やる」と決めたら、あきらめない。。。


いつも、本日も、ご来店いただきまして、ありがとうございます。

もちろんですがこの開運レシピ、飲み物とセットで販売することにしました。
【 2019/01/13 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

やっと開きました

 今週に入り、不動産やさんに何度も連絡して、やっと
 内覧という運びになったのですが・・・。

扉が開きません。。。 鍵やサッシが錆付いていて、すごく不動産屋さん
奮闘してました。もう、10年以上誰からも触られることがなかったとのこと。
 とうとう、鍵のレスキューを呼ぶことになりました。
「わたしが開けると、3000円ですが、それでもいいですか?」
レスキューさんはそう言いました。不動産やさんが支払って、やっと

はい、数秒で開きました。サッシには、すごいゴミと砂や泥がたまり、
おまけにレールが曲がっていて、男の人の力でやっと・・・。
こじ開けられた?!

中に入ることができました。天井は剥がれ落ちて、雨もりしてるそうです。コンクリートとトタンの壁で、
ロフトがついていました。いつかは、電気やさんの倉庫だったそうです。

不動産屋さんは、鍵と奮闘してお疲れなのかとても不機嫌で、「借りるのか、借りないのか?」
それだけ聞かせてくださいと。「うちは、管理はしてませんので、現状渡しです」。
そう言って帰りました。

6畳と4畳半、3畳を足した広さがありました。 家賃3万円に敷金5ヶ月分・・・。
電気は通っているそうです。水道はそこまで来ていると。
トイレなんてありません。ほんと、倉庫でした。

家賃の保証協会に申し込みをして、それからの契約。
「今日は書類、何も用意してませんので、ご来店ください」とのこと。
遠方で他市。

今日は、大屋さんは留守。。。両隣は、カラオケスナック。
お向かいはガソリンスタンド・・・。

さあ、どんなふうに改装しようかな・・・?
あぁ~、わくわくして想像がふくらみすぎて?!
多分、眠れない~?!

いつも、本日も、ご来店いただきまして、ありがとうございます。




【 2019/01/11 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

ただいま準備中です・・・。

それなのに、それなのに・・・。

どうしても・・・って?押し切られまして。。。

オープン日も決まっていないのに、ご予約を頂きました。 私の、、、当店の、?
「最初のお客になりたい」って、なかば告白のようにいわれました。
ありがたいお言葉でした。  生粋の女の子ですが。

どんな感じにするものか・・・?世間話的な話をしていたのです。

何のためのご予約かというと。お花も飲み物も食べ物ですが・・・。
お越しくださったかた、オーダーをくださったかた、お一人おひとりに対しての基本の姿勢があります。

「あなたのためだけに・・・」です。

そのための準備をさせてもらうことが、うちのご予約なのです。
視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚・・・。五感というものがあります。

来ていただいた方の、どのツボにはまるのかはわかりません。
そして、癒す瞬間がひとつもないかも知れません。

どうしても、どうしても提供したいもの・・・。


わたしに関わったすべてのかたへ。。。

「あぁ~、すっきりした?!」「気持ちよかったぁ~」って、そんな気分なのです。

提供したいものがそのような内容ですので、ご予約時には、店主からのしつこいくらいの
話がありますので、どうかご了承いただけますでしょうか?
お電話が苦手なかたは、お手紙でのご予約も歓迎いたします。
今、わたしのプロフィールや連絡先など、会社のホームペーを作っています。


このブログでご紹介できない理由です。


実は、ただいま公務員というものをやっているからなのです。。。
でもですね、もう今月で辞めることができます。なので、来月から、すべてのオーダーを
受けることができるのです。
今まで、この垣根のおかげでお役に立てなかった瞬間がありました。 


これからです。これからなんです。嬉しすぎてどきどきしますが、明日は、見つけた物件の内覧に行ってきます。



本日も、ご来店いただきまして、ありがとうございます。


【 2019/01/07 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

花と音楽と・・・

わたしの人生で、いつもそばに在ったもの・・・。

花と音楽です。

物心ついたころから、家の周りには、祖母が作った花や植物があり、
季節ごとにその美しい姿をみせてくれていました。

そのころ、両親はわたしにピアノと歌を習わせてくれていました。
毎週やってくる、厳しいおじさんがいました。  正直、きつかった思い出しかないです。

だけどですね、ある日のことです。
 
父親が急逝しました。もう40年ほど前になりますが・・・
わたし小学生、妹は幼稚園に通っていました。

あまりにも突然で、現実を受け入れることができませんでした。
どこにももって行きようのない感情を、母は仕事、わたしはひたすらピアノに
ぶつけることしかできなかったのです。

その日から、家族3人、それぞれの毎日を生きることになりました。
  
そしてピアノは、いつもわたしの気持ちを代弁してくれていました。
だからですね、人に言葉で気持ちを伝えることが苦手でした。

その後、父が遺した言葉・・・
「芸は身をたすける」。 泥棒に入られても、火事にあっても・・・。
身につけた技術は奪われることはない。

その言葉を信じて、頑張って音楽を勉強してきました。
結局のところ、ピアノや歌を近所の子供たちに教えても、食べていけるほどにはならなくて・・・。

音楽畑で学歴のないわたしは、肉体労働と呼ばれる業種へと徐々に移っていきました。
でも、どれだけ違う業界にいても、ピアノは相変わらずわたしの隣にいました。

またある日のこと、5年前になります。    わたし、業務中に交通事故にあいました。
赤信号を見落とした後期高齢者のドライバーから、運転席側に突っ込まれました。
すぐに救急車で運ばれましたが、いろんな後遺症を抱えることになり、1ヶ月に及ぶ入院期間を経て自宅に戻りました。

事故にあう前とかわったこと。
両方の握力を失いました。 力を入れたつもりでも、入ってなくて。
ものをつかめない、つかめても一瞬だけ。

買い物や調理、できないことがたくさんできました。雑草も抜くことができません。
ピアノもです。触れた鍵盤にちからが入らない。触れたつもりが、音が出せない。
当時のこと、忘れません。いまだに治療は続けていますが、治る気配はありません。


だからです。音楽ができる人に、めいっぱい音を楽しんでもらって。
花を一緒に、愛でてくれる人と過ごしたい・・・。
そんないろんな想いが重なって、ステージと花がある、そんなカフェ&バーを作ることにしました。

去年1年、いろんな場所を駈け巡って場所を探しました。 だけどまったく条件がかみ合わずに来ました。

そこでですね、ちよっと考え方を変えたんです。     そしたらあっという間に見つかったんです。
わたし、いつまであるのかわからない人生を、大好きな花と音楽・・・に囲まれて過ごすことにしました。

ただいま準備中ですが。。。本日も、ご来店いただきまして、ありがとうございます。
【 2019/01/05 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

ある日のこと。。。

823.jpg


バラが好きで、育てていたんです。 うちの庭で7品種ほど・・・。

うちは、集合住宅の1階で、猫のひたいほどの庭つきなんです。

毎日、花や葉のコンディションをみながら、水や肥料をあげて。


ある日のことです。
朝、いつもの水をあげる時間。
窓を開けたら・・・風景が変わっていたのです。

お花とその茎が、ばっさりと切り取られていました。根元のほうから・・・。

その風景をみたとたん、とてもとても悲しくなりました。
なんだか、自分を切り取られたみたいで。。。

集合住宅なので、どこからでも敷地内に入ることができるつくりになっています。

秋の、一番美しい姿で出荷しようとしていた矢先だったのです。
早速、警察の方に来ていただき、事情聴取や鑑識作業・・・。
つらかったです。。。その日からしばらくの間。

防犯カメラをつけるように・・・なんて警察官にいわれて。
そして、住宅の管理会社にも報告しました。
「また被害があれば、警察に届けてください」なんて、一喝されたんです。

2度と同じことがおきないようにと、願うばかりです。

今、傷つけられたバラたちは、何とか生きてくれて

新しいつぼみをつけてくれています。
ありがとうっていいました。うれしくて、うれしくて。

本日も、ご来店いただきまして、ありがとうございます。わたしと、花との話はまだまだ
続きます。。。
そしてそろそろ、音楽のことも書かせていただくつもりです。
【 2019/01/04 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

花やです。。。

花やをやろうと思ったわけ。

誰しも、大切・・・だと感じてやまない存在ってあると思います。   そこでです!
「この人って、本当に・・・?!」 って、 なぜか そんな瞬間が訪れて。

そんな時です。 花を贈るタイミングを与えられて。

いつの間にか、その自分にとっての大切が・・・。 変わっていきました。
よくもわるくもです。 この、いただいているご縁が、自分にとってどんなものなのか・・・
そのあと、明確になるようなできごとがありました。    

いろんな、色んなできごとが起こる日常で、わたしは花から、ご縁をつむいでもらいました。


  いつもではないけれど、何かがあったときに、そっと背中を押してくれた。


そんなこんながありまして・・・。 だれかにとって、そんな花のような存在になれたらと。。。


本日も、ご来店いただきまして、ありがとうございます。






【 2019/01/03 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

花やです。。。

新年明けましておめでとうございます。


お花が持ってきてくれたご縁ですが・・・。 その職人さん、友人の夫なんです。
その当時、お客としてアレンジや花束を作ってもらっていました。

世の中、すてきなお花やさんがたくさんあって、どこのお店に頼もうか?・・・って。
いつも目移りしていました。

ある時、大切な友人にとても失礼なことを言ってしまったんです・・・。
知らなかったこととはいえ。。。無いだろそれ?って
その言葉、どうやったら無かったことになるのか?! なんて・・・。
もう、後悔して後悔して後悔して・・・。仕方なかったのです。

そんな時でした。
「あの人(職人さん)にお願いしよう」って。。。ひらめいて。

職人さんは、お花を受け取る人がどんな人なのか?  私にとって
どんな存在なのか?  なかば、相談にのるかのようにお花の仕上がりを
聞いてくださったのです。(今となっては、それが彼なりの注文の取り方なのです)

もちろんですが、お花は届けられました。

その後、あの日の出来事がまるでなかったかのように・・・。わたしたちの関係は
続いています。

お花がご縁をつむいでくれて、あれから8年が経った今・・・。私がやらかしてしまった
その大切な友人は、母のケアマネージャーになってくれました。

そんないろんな出来事が積み重なり、その職人さんと業務提携という形をとることになりました。

花やの誕生でございます。

贈るひと、受け取るひとを癒すことをコンセプトとして・・・

本日も、ご来店いただきありがとうございます。




【 2019/01/02 】 未分類 | TB(-) | CM(0)